スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マラソン ベリーダンス集団も応援(産経新聞)

 ゴールまで残り2キロ付近となる東京都江東区の有明教育芸術短大前では、制限時間が迫る午後3時半から、へそを出したセクシーな衣装で踊る「ベリーダンス」が披露された。

 「オリエンタル ベリーダンス アル アマム」のメンバーら約60人がリズミカルな音楽に合わせて腰を小刻みに動かすなど女性らしさを見せる踊りに、行き交う男性ランナーは、疲れを忘れた様子でラストスパート。メンバーを指導する加藤みささんは「真剣な表情のランナーをみて、逆に心を打たれました」と話していた。

【関連記事】
「今度は内定というゴール目指す」 就活中の女子大生
七福神が東京マラソン選手らの無事祈願 浅草
大津波警報で東京マラソン応援の屋形船欠航「大変残念」
東京マラソン女子の優勝はビクティミロワ
東京マラソン男子、藤原正和が日本人で初優勝 2位・藤原新、3位・佐藤

普天間問題 社民・福島党首、2月取りまとめに難色 平野氏は反論(産経新聞)
無期懲役を求刑=検察側「死刑回避理由ある」-2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁(時事通信)
鳩山首相「韓国の活躍もお祝いしたい」(産経新聞)
<普天間移設>北沢防衛相「陸上案検討」認める(毎日新聞)
<スルガ銀行>釣り人の環境セミナー参加者募集(毎日新聞)
スポンサーサイト

新幹線線路侵入で中学生ら送検=きせる乗車でホームから逃走-山口(時事通信)

 山口県岩国市のJR山陽新幹線新岩国駅ホームから線路に立ち入ったなどとして、県警岩国署は25日、岡山県津山市の無職少年(16)と14歳と15歳の男子中学生を新幹線特例法違反と鉄道営業法違反の疑いで山口地検岩国支部に書類送検した。
 同署によると、3人はホーム東端から線路上に侵入し、社員用扉をまたぎ、非常階段から駅構外に逃走していた。いずれも岡山駅から最短区間の新倉敷駅までの乗車券を購入しており、「きせるをするつもりだった」と話しているという。
 県警によると、3人は昨年12月30日午後3時45分ごろ、新岩国駅ホーム端の転落用防止柵を乗り越えて線路内に立ち入り、同駅まで無賃乗車した疑い。 

全日空 定期点検怠り欠航 羽田-三宅島など(毎日新聞)
<天皇公的行為>統一ルール「非現実的」 政府見解公表(毎日新聞)
読売新聞大阪本社、高橋「銅」で号外発行へ(読売新聞)
内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%-文科省(時事通信)
湯浅氏は引き続き協力を=菅副総理(時事通信)

霊能力者と信者を殺人容疑で再逮捕へ 大阪府警(産経新聞)

 霊能力者をかたった民生委員の女が信者に民家を放火させた事件で、高齢女性に睡眠薬などを投与して殺害した疑いが強まったとして、府警捜査1課は22日、殺人容疑で、指示役の民生委員、寺谷均美(53)=現住建造物等放火罪などで起訴=と、実行役の信者で元介護士、田向啓子(53)=同=の両被告を一両日中にも再逮捕する方針を固めた。

 田向被告は「殺害目的で女性に睡眠薬とインシュリンを投与した」と自供し、府警は複数の医療関係者から「投薬で体調が悪化し、死亡した可能性が高い」との証言を得ているという。

 捜査関係者によると、田向被告は平成18年秋から介護で訪れていた大阪市西成区に住む90歳前後の女性の自宅で、寺谷被告の指示を受けて睡眠薬やインスリンを数回投与、体調悪化で入院させた後も投与し続けて19年5月に殺害した疑いが持たれている。

 田向被告は20年5月に女性宅を半焼させたとする現住建造物等放火容疑で逮捕され、女性への薬物投与を自供した。

【関連記事】
有名「霊能力者」らを提訴 「悪質な霊感商法」と原告
放火事件 実行役の女供述「殺害目的で睡眠薬」
「教祖」の女、信者に窃盗させ再逮捕
【衝撃事件の核心】放火を“予言”してお布施要求 信者をあやつった女霊能力者
自称「霊能力者」の女、詐欺容疑でも逮捕

水俣病患者会の23人が提訴へ(産経新聞)
「お年寄り狙いやすい」ひったくり容疑で中学生逮捕(産経新聞)
振り込めグループ6人逮捕=46都道府県、400人被害か-奈良(時事通信)
ネズミがコードかじる?豚舎全焼、375頭焼死(読売新聞)
22日は「吸わん吸わん」=白鳥をロゴに、毎月禁煙デー-学術ネット(時事通信)

都公立教員のわいせつ 4割は勤務先の児童、生徒被害(産経新聞)

 ■小中、体育館など“死角”で多発

 東京都内の公立学校の教員によるわいせつ事案では、勤務先の児童や生徒が被害に遭う割合は40%と最多で、勤務先以外を含めると子供の被害は全体の56%に上ることが23日、分かった。都教委が教員の不祥事について独自に分析結果をまとめたもので、体育館や特別教室などの他と“死角”になる場所での発生も目立っている。

 都教委によると、わいせつ事案で小中学生が被害者となるケースの約6割が勤務先の校内で発生。特に体育館や特別教室など他の場所と隔離された場所で起きていた。

 一方、高校生が被害者となる場合は、ホテルや車中が多く、携帯電話のメールから事故につながるケースが多く見られた。全体では、過去5年間のわいせつ事案のうち、性的行為と痴漢を合わせると9割近くを占めており、次いで盗撮が多かった。

 また、個人情報の紛失は平成17年度の9件から、20年度には40件と4倍以上に急増。全体の58%が電車内や飲食店など学校外で発生し、USBメモリなど電子媒体が紛失の大半を占めていた。紛失時期は3~4月と10月に集中しており、年度初めや夏休みを挟んだ新学期に起きやすい傾向がみられた。

 都教委が教員1万人当たりの不祥事発生率について全国との比較分析したところ、「わいせつ」「個人情報紛失」「体罰」「会計事故」の4大服務事故の発生率で、東京はいずれも全国平均を上回り、交通事故を除いた不祥事発生率でも全国の約1・7倍だった。

 また、都と同様、大都市を抱える大阪府や神奈川県との比較では、東京は4大服務事故すべての発生率で大阪を超え、個人情報の紛失を除いた項目で神奈川を上回っていた。

山口県で震度4(時事通信)
拉致問題担当相、脱北者受け入れを緩和(産経新聞)
日赤、ハイチ大地震活動報告(産経新聞)
西大寺会陽 宝木を奪い合う 岡山の奇祭500年(毎日新聞)
<ガス田開発>中国強行なら提訴…政府、新対処方針伝える(毎日新聞)

振り込めグループ6人逮捕=46都道府県、400人被害か-奈良(時事通信)

 携帯電話のアダルトサイトの登録料未納を装って現金を詐取したとして、奈良、鹿児島両県警は18日、詐欺容疑で東京都板橋区小豆沢、自称会社員宮川嘉隆容疑者(33)ら6人を逮捕した。奈良県警によると、いずれも容疑を認めているという。携帯電話の履歴や銀行口座を分析した結果、6容疑者は和歌山を除く46都道府県で、約400人から約6000万円をだまし取っていた疑いがあり、両県警が裏付けを進める。
 逮捕容疑は2008年5~8月、東京、新潟、佐賀の1都2県の男女4人に電話をかけ、「登録されたアダルトサイトの利用代金が未納となっている」などとうそを言い、銀行口座に金を振り込ませるなどして、現金計約86万円をだまし取った疑い。 

<枝野行政刷新相>「法令解釈も私にご相談を」活動を本格化(毎日新聞)
米公聴会には出席しない意向=一連の品質問題で-トヨタ社長(時事通信)
「1Q84」続編、1万冊予約に最速12日間(読売新聞)
瓶で殴り浴槽に沈め女性殺害、借金男を逮捕(読売新聞)
<73歳窒息死>のどの骨折れる 水戸署に捜査本部(毎日新聞)

真剣勝負に興奮 長島、加藤両選手の所属企業(産経新聞)

 銀、銅メダルを獲得した長島圭一郎、加藤条治の両選手が所属する日本電産サンキョー(長野県下諏訪町)では、16日午前8時半から社員ら約100人が会議室に集まり、メダル獲得の瞬間には「やった」と大歓声が上がった。

 加藤選手がスタートラインに立つと「条治行け、条治」と叫ぶ声。コーナーで先行すると「いいぞ」と声援を送った。平成14年まで同社のスケート部で競技をしていた社員の加藤将司さん(37)は「真剣勝負に選手より緊張したかもしれない」と興奮した様子だった。

【関連記事】
声震わせ「前回の倍返しだ!」 日本電産サンキョー社長
スケート日本「復活」…長島、右腕突き上げ歓喜
遅咲きの長島、大逆転の「銀」 トリノ後に才能開花
長島が銀、加藤が銅! スピード男子500m
「よし、いいぞ」加藤、長島の所属企業で声援

<五輪モーグル>「4年後も」8位村田、満面の笑み(毎日新聞)
11年度に環境税導入 「温暖化基本法」素案を提示(産経新聞)
「地下水の浸食で陥没」=ゴルフ場転落事故で鑑定書-北海道(時事通信)
献金は「政党シンクタンク」に 経済同友会、企業献金の原則禁止を提言(産経新聞)
「撮り鉄」本格捜査へ JR関西線侵入問題立件視野 大阪府警、来週にも実況見分(産経新聞)

<不法残留>生体認証免れ入国 要人制度悪用 イラン人起訴(毎日新聞)

 入国審査時の指紋照合など生体認証を免除する外国要人らを対象にした制度を利用したイラン人の男が、不法残留したとして兵庫県警に逮捕され、入国管理法違反罪で起訴されていたことが分かった。麻薬を所持していたことから、県警は男が密売組織の関係者で免除制度を悪用したとみて調べている。

 自称貿易商、トラビ・ホセイン被告(31)。09年5月、関西国際空港から入国、15日間の滞在期間が切れた後も不法に残留したとして10年1月、逮捕された。

 日本商工会議所が招いたイラン商工鉱業会議所のメンバーの一人として来日。東京でのセミナーに出席後、連絡が取れなくなった。県警は1月、麻薬密売拠点とみられる大阪市のマンションを家宅捜索した際、ホセイン被告が現場におり、逮捕。合成麻薬も所持しており、麻薬取締法違反容疑でも再逮捕した。

 外務省によると、免除制度は在日外国大使館からの申請を受け「外交上の配慮を要する」と判断すれば、法務省に生体認証の免除を要請する。ホセイン被告には強制送還などの記録がなく、パスポートも真正だったが、同省はイラン大使館に遺憾の意を伝えた。

【関連ニュース】
集団密航助長:元NPO理事長に逆転無罪…ほう助のみ有罪
不法入国容疑:指紋テープで審査パス 韓国の女2人逮捕
入管法違反容疑:中国人不法就労 老舗旅館社長を書類送検
ペルー人一家:脳腫瘍長男のみ退去取り消し…東京地裁判決
偽造旅券:中国人ら224人に発送 2被告報酬350万円

<ドクターヘリ>医師の養成支援…NPOが4月に基金創設(毎日新聞)
「怖くなって逃げた」 青森県の女子高生の自殺手助け 容疑で無職男を逮捕(産経新聞)
菅財務相、消費税論議の封印を改めて否定(産経新聞)
衆院選の候補発表=共産京都府委(時事通信)
「この台出る」特別背任容疑=元パチンコ店員ら逮捕-兵庫県警(時事通信)

「信頼」では同盟維持できず…陸自幹部が発言(読売新聞)

 北沢防衛相は12日午前の閣議後の記者会見で、陸上自衛隊の幹部が10日、鳩山政権の日米同盟への取り組みに批判的な発言をしたことを明らかにし、「現場の指揮官が政治や外交という高度な国家意思に言及している部分もある。何らかの処置をするつもりだ」と述べ、処分する意向を示した。

 問題の発言は、陸自第44普通科連隊長の中沢剛1等陸佐が10日に宮城県で始まった日米共同訓練開会式での訓示で、「同盟は、外交や政治的な美辞麗句で維持されるものではなく、ましてや『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものでもない」と述べたものだ。

 北沢防衛相は「最高指揮官の言葉を引き合いに出している」と述べ、鳩山首相が昨年、沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題に関し、オバマ大統領に「私を信頼してほしい」と伝えたことを念頭に置いた発言という見方を示した。陸上幕僚監部広報室は「首相の発言を引用したり、批判したりしたわけではない」としている。

【くらしナビ】ワコール「スポーツブラ」好調 特許でバストの揺れ軽減(産経新聞)
競馬場から確定申告、武幸四郎らPR e-Tax約3割に(産経新聞)
政策会議の運営改善指示=平野官房長官(時事通信)
<不明男性強殺>5容疑者を再逮捕…千葉県警(毎日新聞)
<アホウドリ>土砂崩れでヒナ死ぬ 伊豆諸島・鳥島(毎日新聞)

東京・大田区職員、覚せい剤所持で懲戒免職(読売新聞)

 東京都大田区は12日、区まちづくり管理課の主任主事の男(37)が自宅で覚せい剤を所持したとして警察に逮捕され、昨年11月に懲戒免職処分にしていたことを明らかにした。

 区は9日にも住民税などを着服した職員の免職処分を20日遅れで発表しており、今回の処分も約3か月伏せていた。同日、記者会見した松原忠義区長は、「公表を遅らせたわけではない」と話した。

 区の説明によると、元主事は昨年10月29日朝、墨田区内の自宅で覚せい剤を所持していた容疑で、埼玉県警浦和署に逮捕された。元主事が区に対し、「仕事が遅いことに悩んでいたので覚せい剤を使った」などと認めたため、11月18日付で懲戒免職処分としたという。

 区の内規では、懲戒免職処分は速やかに公表することになっている。しかし、区はこの事実を約3か月、公表せず、今月10日、警察に問い合わせて差し支えないとの回答を得たため、発表したという。

<プリウス・リコール>トヨタ系販社、休日返上で顧客対応(毎日新聞)
<人権活動家>上海に到着、入国許可される(毎日新聞)
司法過疎地で相談千件、29歳弁護士奮闘(読売新聞)
<73歳窒息死>のどの骨折れる 水戸署に捜査本部(毎日新聞)
ワサビの辛みで老化防止? =健康食品などに応用期待-中部大(時事通信)

【元厚生次官ら連続殺傷】最終弁論要旨「人間性を失っていない」(産経新聞)

 小泉毅被告の弁護人による最終弁論の要旨は以下の通り。

      ◇

 検察側は被告の動機を了解可能として死刑を求刑しています。言うまでもないことですが、死刑は究極の刑罰で、今回の被告には選択をためらうべき事情があります。

 弁護側は、被告は当時、妄想性障害を罹患(りかん)しており、心神喪失、あるいは心神耗弱だったと考えます。今回の動機は了解可能だったとはいえません。被告は一貫して愛犬が殺処分された恨みを動機に挙げていますが、このような動機は本人が死を覚悟しながら実行するにはあまりに奇異で了解可能とはいえません。

 愛犬が殺処分されたという状況にも本人と妹、両親には認識の隔たりがあります。両親も「当時、本人がそれほどまで落ち込んでいるとは分からなかった」と述べています。被告はあまりに過度なこだわりを持っており、両親、妹との温度差があります。あだ討ちの考えはその後の生活歴で作られたのではないかと思います。

 また、精神鑑定をした井原医師の主張はあいまいです。井原医師は愛犬のあだ討ちを了解可能としながらも、他方で社会への義憤も無視できないとかいう表現で、今回の動機が別にあるかのようなニュアンスを持たせています。にもかかわらず、どうして社会に対する義憤が犯行に結びついたのかは述べていない。むしろ踏み込まなかったとまで言っています。社会や世間に対する義憤を動機と言っても何も言ってないに等しく、そこからさかのぼらないと精神鑑定の意味を持ちません。

 井原医師は、動機がなぜ了解可能かという理由に「道筋がクリアであるから」と述べています。しかし、被告の考え方と行動の筋道はクリアとはいえません。今回の公判では動機は了解可能な形で出ていません。

 そこで、井原鑑定について述べます。鑑定は不完全なものでした。第1に、被告との信頼関係が築かれていないので、率直な気持ちが引き出せていません。第2に、井原医師は求める答えを引き出せなかったばかりか、不十分な鑑定しか行っていません。重要な点は副次的な結果しか得られていないということです。

 また、井原医師は公判で「被告人がさいたま(市)に来てからの10年について、無理に深入りしなかった」「密閉された空間、拘置所の中で被鑑定人(小泉被告)を怒らせてもしようがないので、執拗(しつよう)に聞くことはしませんでした」と述べています。しかし、高校時代までは邪心が全くなかったという被告が、大学に入学して以降や、何より、さいたまに来てからの10年間で何があったかが重要なのに、井原医師はそこに触れていません。

 弁護側は被告には妄想性障害の疑いがあると考えています。被告は今回の事件について「殺したのはマモノなので殺人罪は成立しない」と述べており、その態度はきわめて強固です。井原医師は小泉被告の復讐(ふくしゅう)心を「赤穂浪士の討ち入りや米大統領が対イラク戦争を開始する前に話した『悪の枢軸』発言と、同一線上にある」としています。しかし、それらと愛犬チロのあだ討ちが同一線上にあるといえるでしょうか。同一線上には論じられません。

 井原医師はインフォーマルな診断しかしていません。39ページの診断書のなかで、2行しか妄想性障害について記載していません。 裁判所は弁護人の鑑定請求について却下しました。公判前整理手続きでは明らかになっていなかった要素による請求でした。本件は特有の事情があり、死刑か、という究極の選択が問題になっていることからも、却下は不当であったといわざるを得ません。

 弁護側は、被告人は当時、妄想性障害に罹患していた可能性が高く、心神喪失、あるいは心神耗弱であったと主張します。

 次に、吉原靖子さんに対する「中止未遂」について述べます。吉原靖子さんが被告に刺された後、尻もちをついたことについては争いがありません。被告はその時間を2、3分としています。一方、靖子さんは「尻もちを付いた瞬間、手を軸にして回って、隣の部屋に飛び込みました」と話していました。しかし、当時の状況で、靖子さんが間髪入れずに体勢を立て直すのは信じがたいし、尻もちをついていた場所には大量の血痕がありました。これは家にあったどの血痕よりも多く、相応の時間その場にいたことになるので、被告人の方がむしろ正しいのではないかと思います。

 当時、被告人は玄関が開くと、直ちに靖子さんを突き刺しました。しかし、ここで被告人に予想外のことが起こります。靖子さんが命ごいをしたのです。被告人に「これは家政婦ではないか」という疑念が生じます。被告人は命ごいをしている姿を見て「心の中で葛藤(かっとう)があった。頭の中が混乱した」と言っています。被告は戸惑い、ためらい、混乱を感じて、刺すことが可能でも、(それを)しなかったというのが当時の状況です。

 検察官は「被告人が靖子さんを追いかけた」としていますが、被告人は本来のターゲットである健二さんが屋内にいるのかに関心があったのであり、靖子さんを追いかけたわけではありません。また、とどめを刺すことは可能だったのに、ここでも被告は躊躇(ちゅうちょ)しています。

 吉原靖子さんに対する殺人未遂については「中止未遂」が成立します。たとえ成立しなかったとしても、被告の心の揺れは被告人の人間らしさを表しています。死刑回避の理由になると考えます。

 被告の自首について、検察官は悔い改めた結果ではないと主張し、裁量的減刑の対象にはならないとしています。

 しかし、もし被告人が沈黙を保った場合、検挙に至らなかった可能性が高いです。被告人が出頭したのは裁判で主張するためです。しかし、出頭の際には何もかも話し、捜査を容易たらしめたことは間違いありません。自首による裁量減刑がなされるのが相当だと思います。

 最後に、被告人はその人間性を失ってはいません。犬を家族同然に思い、こと犬のことになると、被告人の攻撃性は萎(な)えてしまっています。建築会社の社長の家に行こうとしたときには、門に犬のシールがはってあったことから、家に入るのをやめています。また、靖子さんが犬好きだという証言を前にして、「当時は知らなかったし、今は考えないようにしている」と言っています。また、もし知っていたらという質問に対しては「前提も考えないようにしている」「黙秘します」と答えています。

 自らが黙秘するという姿勢の裏に、血の通った人間性を持っていて、それを押し込めているという、かたくなで切ない人間性を表していると思います。愛犬のチロのことを問われると、被告人はほおを殴打しながら涙を流して法廷で語りました。このときの心情が極めて純粋であることは供述から明らかです。被告の涙にウソ偽りはありません。被告人が力任せに、非情さを装っていることが垣間見えます。同じことは、例えば被告人が「鬼になろうとしたけどなれなかった」と話していることから分かります。

 検察官は被告人を「極悪非道」と言い切ります。しかし、被告人は無理をして極悪非道のふりをしているというのが正確です。被告人は弱い人間です。それは、吉原靖子さんの命ごいを前にしても明らかになっています。

 加えて被告人は親族に対する愛情を持っています。被告人質問の最後に次のように話しています。「もし家族が私のせいでつらい思いをしているなら、そのつらさをすべて私に渡してほしい」。

 被告人の言葉を型通り受け取って「極悪非道」というのは誤っていると思います。被告人は十分な人間性を有しています。被告人は、残された遺族のやりきれなさに気付くと思います。人間性の豊かさは死刑への選択を踏みとどまらせる事情だと思います。裁判所は死刑を選択することを避けるべきだと思います。

【関連記事】
元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(下) 「私は健常者」「愛犬のあだ討ちでき、ま・ん・ぞ・く」 最後まで独自論理を展開
「自らの命をもって償う以外にない」そのとき被告は体をねじり…
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官
元厚生次官ら連続殺傷 小泉被告に死刑求刑
元厚生次官ら連続殺傷 家族を失った思いは被告に伝わるのか きょう第6回公判 遺族ら意見陳述

<性同一性障害>小2の秋から「女の子」…性切り替え容認(毎日新聞)
【止まらぬ暴力 シー・シェパードの実態】(上)エコ・テロリスト (産経新聞)
暗号で「整備は不要」伝達…神奈川いすゞ不正車検(読売新聞)
人の見た目は歯が命? ライオンが意識調査(産経新聞)
高速道路無料化、公共交通に打撃は早計馬淵副大臣(レスポンス)

「余命2年」の被告に懲役3年、妻暴行死で(読売新聞)

 群馬県高崎市で2009年7月、就寝中の妻(当時60歳)を暴行して死なせたとして、傷害致死罪に問われた同市柴崎町、無職斉藤高業(たかなり)被告(62)の裁判員裁判の判決が12日、前橋地裁であった。

 倉沢千巌裁判長は「飲酒して帰宅した際、妻が起きなかったことに腹を立てた動機は、自己中心的」として、法定刑の下限に当たる懲役3年(求刑・懲役5年)を言い渡した。

 量刑が争点となり、弁護側は、斉藤被告が末期がんを患い、余命は長くて2年と宣告されていることを明らかにし、「社会の中で命を終わらせてほしい」と、執行猶予付き判決を求めた。判決は「余命で刑の重さを変えることは公平でない」とした。

 判決後の記者会見で裁判員を務めた男性は、斉藤被告の余命をめぐり、「考慮すべきかどうか議論があったが、罪を犯したことに関係ない。皆で話し合った結果で、(判決に)納得している」と述べた。別の裁判員経験者の男性は「(検察、弁護側)両方の主張を平等に扱おうと意識した」と話した。

除雪機事故で4歳男児死亡(スポーツ報知)
「厚生官僚の大罪許さない」=小泉被告が最終陳述-元次官連続殺傷・さいたま地裁(時事通信)
日本ビクター、海外事業で不適切会計(読売新聞)
小沢幹事長 「政治塾」の冬季講義始まる 60人が参加(毎日新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴不当と検審に告発者申し立て(毎日新聞)

【中医協】診療所の地域医療貢献を評価へ(医療介護CBニュース)

 来年度の診療報酬改定では、夜間や休日など標榜している診療時間以外に患者からの問い合わせに対応する診療所を評価する「地域医療貢献加算」を新設。電話での問い合わせに対し、診療時間外でも対応できる体制を確保した診療所が、再診料に一定の点数を加算する。

 中央社会保険医療協議会が2月10日に開いた総会で了承された。
 同日の総会では、来年度の診療報酬改定で診療所の再診料を現在の71点から69点に引き下げることも決めたが、▽休日や夜間に患者の不安に応える体制を整えている▽レセプト並みの明細書を発行している―診療所には「一定の評価」を行うことにした。

 中医協では、レセプトをオンラインや電子媒体(MOなど)で請求し、明細書を患者に無料発行している診療所を評価する「明細書発行体制等加算」の新設にも合意している。同加算では、明細書を発行していることの院内掲示を求める。

 「地域医療貢献加算」について厚生労働省では、休日や夜間に病院を受診する軽症患者が減少する可能性があるため、「病院勤務医負担軽減にもつながることが期待される」としている。

 同省の担当者は総会後、記者団に対し、標榜時間外の解釈について、「いつ電話してもつかまるということ」などと説明。「こういう体制が取れれば、“ビル診”とか、自分の家と(診療所が)くっ付いていなければいけないという要件は今のところ考えていない」と述べた。


【関連記事】
【中医協】来年度診療報酬改定、12日に答申へ
【中医協】診療所の再診料、2点引き下げで決着
【中医協】病診の再診料統一、決着は10日以降に
【中医協】再診料統一、診療側と支払側の溝埋まらず
再診料と外来管理加算、時間外対応なら配慮―足立政務官

<東大寺>次期同宗管長に北河原院主を選出(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏の幹事長辞任を求めず(産経新聞)
ネット経由の買い物代行が人気 最新ファッション・北欧家具を気軽に(産経新聞)
【日本人とこころ】福田恆存と孤独(下)常に誤解され続けた(産経新聞)
多摩のNPO スギ伐採し製品化 花粉症対策にも(毎日新聞)

<訃報>岩渕とくさん89歳=岩渕徹・徳間書店社長の母(毎日新聞)

 岩渕とくさん89歳(いわぶち・とく=岩渕徹・徳間書店社長の母)10日、心不全のため死去。葬儀は14日午前10時45分、千葉市美浜区高洲4の7の7の博全社美浜儀式殿。喪主は三男徹(とおる)さん。

<広島原爆慰霊碑>パレスチナ議長が献花 世界の平和を訴え(毎日新聞)
<水門談合>8社に損害金6億3000万円を請求 農水省(毎日新聞)
プロ野球選手の個人情報紛失=関テレ社員、USB持ち出し-大阪(時事通信)
漁船銃撃、ロシアへの抗議取り下げず=平野官房長官(時事通信)
犯意否定の会見発言、石川議員「誤解招いた」(読売新聞)

明細書発行を義務付け=来年度から患者全員に無料で-中医協(時事通信)

 中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は5日、検査や処置、投与した薬剤など診療内容を費用とともに記載した明細書を原則として患者全員に無料発行する案を了承した。2010年度診療報酬改定に合わせて導入する。患者への情報公開を進め、医療の透明化を図る目的がある。
 対象となるのは、レセプト(診療報酬請求明細書)の電子請求が義務化されている医療機関。現在、電子請求を実施している病院は9割、診療所は半数にとどまっているが、今年7月からは一部例外を除き、レセプトコンピューターを使用している病院と診療所で義務化が予定されている。 

【関連ニュース】
明細付き領収書、無料で全患者に=10年度診療報酬改定で検討
「いのち」に気負い=「上滑り」批判も
施政方針演説要旨
施政方針演説全文
日本医師会長、民主会合に初出席

【私も言いたい】テーマ「紙の辞書か、電子辞書(検索)か」(産経新聞)
「港目指し逃亡」と供述=国外脱出図る? -名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
<松戸女子大生殺害>竪山容疑者を強盗殺容疑などで再逮捕へ(毎日新聞)
岐阜市長選、現職・細江氏が4選果たす(読売新聞)
節分 年男や年女が豆まき 福岡・櫛田神社(毎日新聞)

潜在的国民負担52.3%=財政悪化で高水準に-10年度(時事通信)

 財務省は10日、国民所得に占める税と社会保障負担の割合を示す国民負担率に、国と地方の財政赤字を加えた「潜在的国民負担率」が2010年度は52.3%になる見通しだと発表した。過去最悪となる09年度補正後(実績見込み)の54%に次ぐ水準。少子高齢化に伴う社会保障費の増加に加え、景気悪化に伴う税収の大幅減で財政悪化が進むためで、将来の国民負担の急増が懸念される。
 国民負担率は09年度補正後比0.2%増の39%と過去3番目の水準。このうち、社会保障負担率は同0.5%増の17.5%と過去最高となる。年金保険料の段階的引き上げや中小企業のサラリーマンが加入する全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の保険料引き上げなどが主な要因。一方、国税と地方税を合わせた租税負担率は景気悪化による課税収入の減少で、同0.3%減の21.5%と3年連続で低下する。 

【関連ニュース】
鳩山政権は公約違反=共産・小池氏
年金保険料流用で紛糾=自民、「公約違反」と追及
子ども手当満額「難しい」=11年度以降見通し
施政方針演説要旨
施政方針演説全文

日ごろ世話になった針を供養 東京マスダ学院(産経新聞)
「1Q84」 「3」を4月16日発売 初版50万部(毎日新聞)
<テレビ発火>三菱電機26万台使用中止(毎日新聞)
<調査捕鯨>シー・シェパード、レーザー照射で再び妨害(毎日新聞)
石川議員、辞職しない意向「頑張り続ける」(読売新聞)

18歳少年を発見、逮捕=連れ去られた少女保護-監禁などの容疑、石巻3人殺傷(時事通信)

 宮城県石巻市清水町の南部かつみさん(46)方で10日朝、長女美沙さん(20)と知人の高校3年大森実加子さん(18)が刺殺され、次女沙耶さん(18)が交際していた同県東松島市の職業不詳の少年(18)に連れ去られた事件で、県警は同日午後、同市内で少年を発見、一緒にいた男とともに未成年者略取と監禁の容疑で現行犯逮捕した。
 県警によると、沙耶さんは保護され、足に擦り傷を負っていたため病院に運ばれた。 

【関連ニュース】
2人刺殺、少女連れ逃走=18歳少年ら2人、監禁などで逮捕
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」
被告側、責任能力争う姿勢=耳かき店女性ら殺害
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」

「22万非正規社員を正社員に」 郵政亀井プラン本気なのか(J-CASTニュース)
小沢氏は説明責任を=福島氏(時事通信)
朝青龍引退の号外、驚きの声(読売新聞)
雑記帳 あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社(毎日新聞)
<さっぽろ雪まつり>週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)

床下に母親?の遺体隠す、自首した男を逮捕(読売新聞)

 千葉県警松戸署は8日、松戸市松戸、無職福井博之容疑者(39)を死体遺棄の疑いで逮捕した。

 発表によると、福井容疑者は7日午前7時頃、自宅アパートの床下に女性の遺体を遺棄した疑い。女性は母親(69)とみられる。

 福井容疑者は8日夕、同市内の交番に自首し、「朝起きたら、母親が死んでいた。どうしていいか分からず、床下に隠した」と話したため、署員が自宅を調べたところ、女性の遺体が見つかった。遺体に目立った外傷はないという。

 福井容疑者は母親と2人暮らし。同署は遺体の身元確認を急ぎ、司法解剖して詳しい死因を調べる。

普天間移設「すべてを俎上に」=岡田外相(時事通信)
インフル行動計画検証へ 強毒性への備え構築(産経新聞)
<殺人未遂容疑>サンタ姿で暴行、放火 43歳の男を逮捕(毎日新聞)
<雑記帳>トラフグの皮で美肌プリン開発 別府のホテル(毎日新聞)
石川被告らの保釈を許可(産経新聞)

小沢氏、自民離党の田村議員に民主入り要請(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は5日、昨年12月に自民党を離党した無所属の田村耕太郎参院議員(鳥取選挙区)と党本部で会談し、「日本のために力を貸してほしい。お互い知恵を出そうじゃないか」と民主党入りを要請した。

 田村氏は、支持者と相談したうえで改めて回答する考えを伝えた。会談は小沢氏が呼びかけた。民主党は1人区の鳥取選挙区で既に新人の立候補予定者がいるため、今年改選の田村氏には比例での出馬を求める考えと見られる。

拳銃強盗容疑、会社員2人逮捕=07年、現金190万円奪う-長崎(時事通信)
「人がトラックにひかれ転がり…」衝立越しで語られる生々しい証言(産経新聞)
首相動静(2月4日)(時事通信)
<糖尿病移植治療>拒絶反応を抑制…マウスで成功(毎日新聞)
胸に刃物、マンション入り口で男性死亡 神奈川・川崎(産経新聞)

御堂筋線、箕面延伸2.5キロで450億円 実現へ市が説明会(産経新聞)

 大阪市営地下鉄御堂筋線に乗り入れている北大阪急行線の北部延伸を計画している大阪府箕面市は9~13日、市内5カ所で、市民の理解を深め、実現に向けた機運を高めるためための計画案の説明会を開く。

 計画案は国と府、市、鉄道会社などで組織する「北大阪急行線延伸検討委員会」がまとめた。千里中央駅から約2.5キロ延伸し、「箕面船場」「新箕面」の2駅を新設する。

 初乗りは140~150円、新箕面~梅田を450~460円で結ぶ。高架案の建設事業費は420億円を見込み、平成30年の実現を目指す。

 市は「実現には市民からの盛り上がりが必要。広く情報提供することで理解を深めてもらいたい」としている。

【関連記事】
10年で実現できる? 大阪・地下鉄御堂筋線全駅に転落防止柵
ネットつながらなくてもOK 地下鉄車内の画面メモ活用術
万博、大丈夫? 上海の地下鉄で事故、故障が続出
橋下知事「大阪市営地下鉄を民営化」 府市再編構想
大規模災害に備えて連携 都営・東京地下鉄が合同訓練 牛込消防署で

大久保被告、虚偽記入への関与一部認める供述(読売新聞)
宇宙桜を学校・公園に植樹、多摩でプロジェクト(読売新聞)
地下鉄エスカレーターで転倒、数十人折り重なる(読売新聞)
<野口聡一さん>鬼は外?…宇宙ステーションで「豆まき」(毎日新聞)
豆腐・納豆食べる人 肺がんリスク減ります たばこ吸わない男性 厚労省調査(産経新聞)

未明に民家全焼、焼け跡から2遺体…埼玉(読売新聞)

 6日午前3時15分頃、埼玉県鴻巣市上谷、和田文生さん(60)方から火が出ているのを通りかかった男性(38)が見つけ、119番した。

 約2時間20分後に鎮火したが、木造2階住宅が全焼し、焼け跡から和田さんと妻とみられる2人の遺体が見つかった。

 鴻巣署で身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

小沢氏、続投に改めて意欲(産経新聞)
<NHK>「のど自慢」司会に松本和也アナ(毎日新聞)
NHK「無縁死3万人」に大反響 「他人事とは思えない」コメント殺到(J-CASTニュース)
【近ごろ都に流行るもの】アレンジたこ焼き 酒場、家庭で大人気(産経新聞)
野田財務副大臣「子ども手当満額支給は困難」(読売新聞)

「ねずみ男」テーマに8劇団“競演”(産経新聞)

 東京都調布市在住の漫画家、水木しげるさんの作品「ねずみ男の冒険」を舞台化した演劇コンクールが6、7両日、同市仙川町の「せんがわ劇場」で開催される。地域で応援していく劇団を地域で選ぼうという同劇場初の試み。市内の8劇団が“競演”し、市民審査員と専門家審査員が選考する。

 同劇場では平成20年4月の開館当初から、「市内の劇団を市民が応援するコンクールをできないか」と検討していたという。そんな折、調布を舞台にしたNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が3月から放送されることになり、「調布をアピールできる絶好のチャンス」とコンクールを企画した。

 「ねずみ男の冒険」に収録された短編「神変 方丈記」「幸せの甘き香り」「空想石」の3話のいずれかを選び、各劇団が約40分のオリジナル創作劇を披露する。

 審査には俳優や評論家のほか、公募の市民18人も参加。専門家審査員が選考する「グランプリ」、市民審査員の投票で選ぶ「オーディエンス賞」を設けた。受賞した劇団は特典として、同劇場を1週間無料で借りて自主公演ができる。同劇場は「漫画をいかに舞台芸術として料理していくかが問われるおもしろいコンクールになると思う」と期待している。

 コンクールは両日とも午後2時からで入場無料。各日4劇団ずつ上演する。問い合わせは同劇場(電)03・3300・0611。

 また、6日から3月22日まで、名誉市民「水木しげる展」が、調布市小島町の「たづくりグリーンホール」で開かれる。

 水木さんが歩んできた道や調布が舞台となった作品、家族とのつながり、平和の大切さなどさまざまな視点から「調布のまちの水木さん」を紹介する。

【関連記事】
美しすぎる妻!?松下奈緒「ゲゲゲ」キャスティング裏側
【葬送】「おい!鬼太郎」…目玉おやじ役の声優・田の中勇さん
鬼太郎ら妖怪も歓迎 米子空港で延長滑走路の運用を開始
寅年=ねこ娘年!? 境港の観光PRおまかせ
愛称「鬼太郎空港」…妖怪パワーで利用客増なるか 鳥取・米子

秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷(産経新聞)
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大、継続審議に(医療介護CBニュース)
「仕事評価されず恨み」=勤務先データ2万件削除-元社員逮捕・警視庁(時事通信)
<新聞労連ジャーナリスト大賞>毎日新聞記者らに表彰状(毎日新聞)
進次郎氏、貴理事当選に“感動”(スポーツ報知)

同僚→共同経営者→巨額詐欺の共犯… 東電&三菱商事OBは、こうしてオリックスを手玉に取った(産経新聞)

【疑惑の濁流】

 融資金名目でリース大手の「オリックス」(東京都港区)から約2億4千万円をだまし取ったとして、2人の“エリート”が詐欺容疑などで警視庁捜査2課に逮捕された。出向先の同僚同士だった東京電力元営業所長と三菱商事元社員。日本を代表する大企業OBがタッグを組んだ犯行だけに、その舞台回しは周到だ。小道具として使用された偽造契約書、確認書、預金通帳だけでなく、交渉には2人が差し向けたとみられる東電のニセ契約担当者、ニセ課長まで登場。まんまとオリックスを手玉に取ったのだが…(伊藤弘一郎、内藤慎二)

 ■東電社長の印鑑も押印

 「あるケーブルテレビ会社を傘下に収める企業の株を買おうと思っているんですよ。あなたのところも投資しませんか」

 平成20年8月18日、三菱商事元社員でコンサルタント会社「アクシー」社長の松本一輝容疑者(51)がオリックス渋谷支店を訪れ、担当者にこんな話を持ちかけたのが事件の始まりだった。

 松本容疑者とは仕事上で付き合いのあった担当者だが、投資には二の足を踏んだ。投資先として名前の挙がった企業の事業内容や経営実態の詳しい説明がなかった上、無担保の投資は大きなリスクを伴うためだ。

 担当者は申し出を断ったが、後日、松本容疑者が再訪問。今度は「株は自分で購入します。購入代金の一部にするので、私の会社に融資をお願いできませんか」と依頼内容を変えた。

 利息を上乗せして回収が見込める融資なら、確実なリターンが望めるかもしれない-。

 逡巡(しゅんじゅん)する担当者に、松本容疑者はたたみ掛けた。

 「会社が保有している東電の売掛債権を担保として譲渡します」

 東電とのコンサルティング契約で受け取っていない代金が残っており、その金を担保としてオリックスに譲り渡すという説明だ。「売掛債権は9億円」とも付け加えた。

 松本容疑者はさらに数日後、「東電担当者」と名乗る男を連れだって再び来社。2人は売掛債権の“証拠”の書面を並べた。一例を挙げると-。

 (1)東電とアクシー社の間で結ばれたコンサルティング業務委託契約書

 (2)委託業務を終えたことを証明する検収確認書 

 (3)一部の金が東電から支払われたことを示すアクシー社名義の預金通帳

 (4)東電名義のオリックスに対する担保譲渡の承諾依頼書

 東電は売上高5兆円を超え、国内屈指の安定性を誇る大企業。書面には東電社長名の印鑑も押されていた。オリックス担当者はこうした書面を確認し、2億4千万円の融資を決定する。最初の投資申し込みからわずか1カ月のことだった。

 オリックスに融資を決断させた「東電担当者」-。これが元東電営業所長の中田桂市容疑者(57)だった。

 ■別人だ…肩落とす担当者

 オリックスが“異変”に気付き始めたのは20年暮れ。東電からの支払期限だった12月25日を過ぎても、一向に返済金が振り込まれないためだ。

 担当者が不安を募らせる中、21年1月になって1人の男がオリックスを訪問してきた。男は中田容疑者とは別の「東電契約担当者」を名乗り、「間もなく入金されます」などと説明した。男が「責任者ではないから」などと名刺を出さなかったのが気になったが、オリックスの担当者はその場では納得したようだ。

 さらに今度は「東電環境部の課長」を名乗る男もオリックスに来社。「契約担当者」の上司にあたるという「課長」は「社内での処理が手間取っています」と謝罪した上で、「今週中には必ず支払います」と返済を確約したという。

 しかし、融資金はオリックス社内ですでに「長期未回収」扱いとなっていた。しびれを切らした担当者が東電本社に直接、問い合わせた。すると東電から信じられない答えが返ってきた。

 「そんな契約はあり得ない。詐欺ではないか」

 オリックスと東電の間で確認した結果、契約書関連の書面、社長名の印鑑、アクシー社の通帳など、オリックス側に示された売掛債権の“証拠”はすべて偽造されたものだった。そもそも東電とアクシー社との契約自体がなかったのだ。

 ただ1つ、オリックスへ謝罪に来た「課長」は実際に東電に在籍する課長の名前だった。だが、実在する課長は東電の内部調査に「身に覚えがない」と完全否定。オリックス担当者も実在する課長の写真を見せられたが「応対したのは別人です…」と肩を落とすしかなかった。

 松本、中田両容疑者が犯行発覚を遅らせるため偽者を派遣したとみられるが、「東電契約担当者」と「東電課長」が本当は誰だったのか、現在も明らかになっていない。

 ■22年前の意外な「接点」

 東電OBと三菱商事OB。両容疑者はどこで接点を持ち、巨額詐欺事件を引き起こしたのか。2人の経歴をたどってみよう。

 東京電力によると、中田容疑者は昭和51年に入社。営業担当として神奈川県の藤沢営業所長などを務め、19年7月に関連会社へ出向。20年7月には東電を退社し、関連会社へ再就職していた。つまり、犯行が行われた同年9月は退社直後で「東電担当者」ではなかったが、東電の内部事情には精通する立場だった。

 一方、三菱商事によると、松本容疑者は昭和57年に入社。平成18年に退社してアクシー社社長に就任するまで、主に天然ガスの輸入に従事していた。三菱商事関係者によると、同社は天然ガス分野で国内トップクラスの開発力を誇り、海外で積極的なガス田開発を展開。担当部署は花形の一つで、社内でも指折りの優秀な人材が配属されるという。松本容疑者もこうした業務を通じ、オリックスに対して行ったような交渉力を身につけていったとみられる。

 一見、交わりのない2人だが、経歴を詳細にたどると「同僚」だった時期があることが判明した。昭和61年、東電と三菱商事などが共同出資し、都内に通信関連会社を立ち上げている。2人は創業時のメンバーとして、ともに同社に出向していたのだ。松本容疑者27歳、中田容疑者33歳の時だった。

 よほどウマがあったのだろうか、2人は互いの会社へ戻った後も親交を深めていく。14年ごろにはそれぞれの会社に所属しながら、衣料品販売会社の共同経営者として名を連ねていた時期もあったという。

 元同僚から共同経営者、そして共犯者へと変わっていった2人の関係。警視庁は一連の犯行の経緯などから、松本容疑者が主犯格とみている。オリックスとの交渉は当初、松本容疑者1人で行っており、詐取した約2億4千万円の現金の大半は松本容疑者が経営するアクシー社の運転資金に充てられていたためだ。

 捜査関係者は「金銭的にみても中田容疑者のメリットは少ない。部分的には中田容疑者が松本容疑者に利用されていた面があるのかもしれない。とはいえ、犯行には中田容疑者の協力が不可欠だった。東電のネームバリューが最大の担保だからね」と話す。実際、オリックス関係者は「融資は東電の担保譲渡という『信用』があったから」と話している。

 臍(ほぞ)をかむしかないオリックスに対し、東電の立場は複雑だ。同社は直近まで勤務していた“身内”が容疑者となった一方、社長や社員の名前を悪用された被害者でもあるためだ。

 事件発覚を受け、取材対応に追われた東電社員の1人は、思わずこうつぶやいた。

 「退職金まで支払った後に、こんな火の粉が降りかかってくるなんて予想もしなかった。詐取した金も退職金も全部返せと言いたいよ」

 両容疑者は、警視庁の調べに対し「だますつもりは全くなかった」などと容疑を否認し続けているという。

【関連:疑惑の濁流】
工作機関改編のたびに…拉致被害者は姿を消した
加速するブログ市長離れ “権力乱用”で阿久根市「非常事態」
武器は“強欲”セールストーク… 年収1億円の敏腕生保マンの錬金術
家を失い、自殺に追い込まれ…捜査網狭まるSFCG「大島王国」の光と影
「札束が浮かぶ海」… 鹿島砂利転用事件にみる空港利権のキナ臭さ 

この男に見覚えは?振り込め「出し子」公開(読売新聞)
<秋葉原事件>目撃者が証言「戦場そのもの」 第2回公判(毎日新聞)
報告書「大久保秘書に見せた」=石川議員が供述-提出前、「内容了承」(時事通信)
インフル行動計画検証へ 強毒性への備え構築(産経新聞)
覚せい剤所持で海自隊員逮捕=新幹線内に置き忘れ-愛知県警(時事通信)

天皇陛下、体調崩される 風邪の症状など(産経新聞)

 宮内庁は2日午後、天皇陛下が同日午前10時40分ごろ、お住まいの皇居・御所で気分が悪くなられたと発表した。症状は落ち着いているが、大事を取って週末まで御所で静養される。

 陛下は3日から、皇后さまとともに葉山御用邸(神奈川県葉山町)で静養する予定だったが、取りやめられた。

 宮内庁によると、陛下は1月31日から、のどの痛みなどの風邪の症状を訴えられていた。これに加え、2日未明に腹痛を伴う急性腸炎のような症状があり、不眠や脱水症状もみられたという。

 メキシコのカルデロン大統領夫妻と1日に会見するなど、陛下は前日まで通常通り公務を行われていた。

【関連記事】
両陛下、農林水産祭天皇杯受賞者とお会いに
両陛下、交通安全中央大会にご臨席
「歌会始の儀」 両陛下や入選者の歌
両陛下、3年ぶりに大相撲ご観戦
皇居への一般参賀、回数減らしても人数は減らず

「サンラ・ワールド」を捜索へ=50億円集金か、無登録営業容疑-警視庁(時事通信)
八ケ岳で静岡の男性不明に=長野県警(時事通信)
<荒瀬ダム>熊本県が撤去方針伝える 水利権再取得は困難(毎日新聞)
首都圏連続不審死 静かな人、ネットで能弁…木嶋容疑者(毎日新聞)
普天間移転の候補地徳之島 地元町長は官房長官と面会拒否(J-CASTニュース)

鞍手町元職員、公金着服で追送検=「ギャンブルに1日400万」-福岡県警(時事通信)

 福岡県鞍手町の元会計収納対策課課長補佐梶原康幸被告(51)=懲戒免職=が公金約1億円を着服したとして逮捕された事件で、県警捜査2課などは27日、さらに約5100万円を着服していたとして、業務上横領容疑で追送検した。同課は、同被告の横領総額は約3億1300万円に上るとみている。
 同課によると、容疑を認め「オートレースなどのギャンブルに使った。多い時は1日400万円賭けた」などと供述しているという。 

【関連ニュース】
「裁判所決定無視」と職員=阿久根市給与訴訟で結審
「女から覚せい剤もらった」=交際継続動機か、証拠品着服も
大分みらい信金職員、4億円着服=パチンコや借金返済に、懲戒解雇
交番の警官が現金抜き取り=落とし物の財布から
短大生監禁、巡査ら起訴=県警が懲戒免職

【郵便不正事件】検察側冒頭陳述要旨(産経新聞)
ウェザーニューズ社を指導=台風上陸経路の広報で-気象庁(時事通信)
亀井氏、夫婦別姓法案に反対を表明(産経新聞)
法政高教諭2人が修学旅行中に体罰、2人けが(読売新聞)
陸山会事件、石川議員らの拘置延長へ(読売新聞)

神戸ポートタワー 改修工事進む 3月下旬にリニューアル(毎日新聞)

 ミナト神戸のシンボル「神戸ポートタワー」(神戸市中央区)の改修工事が昨年11月から進んでいる。現在は地上から約3分の2の高さまでが作業用ネットに覆われ、外観の一部しか望めないが、タワーを所有する神戸港振興協会は「生まれ変わるポートタワーを楽しみにしてほしい」と話している。3月下旬ごろリニューアルの予定。

 同タワーは高さ108メートル。改修は、青色や黄色などに光る発光ダイオード(LED)約4000個を設置し、イベントごとに違ったイメージで照らす▽展望5階の天井に光ファイバーケーブルを使ったプラネタリウムを設置する▽同1階の床を強化ガラスにする--など。1963年11月の完成以降、内部の改装を含めた大規模な改修工事は今回が初めてという。【高山梓】

小沢氏「父は遺産残さなかった」 27年前の新聞記事で明かす(J-CASTニュース)
米紙サイト有料化大コケ? 日経「電子新聞」不安な門出(J-CASTニュース)
宇奈月温泉の老舗旅館、無資格の中国人を仲居に(読売新聞)
「1億円を4パック」石川容疑者、不自然な供述(産経新聞)
日航機、引き返す=離陸直後にエンジン異常-沖縄(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。